女子のほどよい筋肉のつけ方

女子は筋肉がつきにくいと言われています。私は陸上をやっていましたが、中距離の選手で適度な筋肉が必要でした。そこですごくよかった筋肉をつける練習はサーキットです。ウエイトトレーニングをすると余分な筋肉がついてしまい、身体が重くなってしまうというのが私の持論です。http://vulcancanarias.com/

などで筋肉がつきにくい分、コンスタントにできるサーキットで適度な筋肉をつけていきました。サーキットは1セットで色々な部分の筋肉をつけることができます。まずは懸垂です。しっかりと腕の筋肉を鍛えることができます。

そのあとはジャンピングスクワットです。足腰の筋肉を鍛えます。そのあとは軽く走り、リフレッシュです。この1つのトレーニングと1つのトレーニングの間に軽く走るのが適度に筋肉を緩めてくれてとても重要だと思っています。そしてラウンジウォークや縄跳びなどをやっていきます。

最も効果があると感じていたのはメディシンボールを使ったトレーニングです。メディシンボールは3キロほどあるのですが、それを全身を使って真上に投げていきます。一見簡単そうに見えますが、全体の筋肉を使い、しっかりと鍛えられます。勿論、体幹も鍛えることができます。是非やってみてください。

今は昔ー華麗なるジム生活

5年ほど前にジムに通った。中学では運動部だったもののあまりふるわず、すっかり運動嫌いになっていた。体重が最高記録を更新しそうになると、あわてて食事内容を見直し、軽くウォーキングする。なんとか記録更新は免れるが運動は相変わらずしなかった。ところが、娘ができたのだ。

鍛神HMBの悪評や悪い口コミは本当?効果なしの評判を購入して検証!

可愛い娘に、兄が通っていたスイミングスクールに早くから通わせたい。そこで娘と一緒にプールに入るベビーコースに申し込んだ。三ヶ月ほど通った頃、帰り道の運転中、「んんっ?なんか気分すっきりしてる?」このとき人生で始めて運動の良さ、汗をかくことの気持ちよさに気づいたのだった。

そして、スイミングスクールと同じジムに入会、すぐにハマり、一週間に4回は通った。マシンを使っての筋トレは効果があった。体脂肪率はみるみる下がり、一時はなんと女性でありながら20%を切ったのだ。今はそれに10%近くプラスされているから、ジムに通った半年くらいの短い期間の出来事だった。

それでも40代に入り、運動嫌いだった私がそこまで変わり、ついにランニングまで始めるようになったのはのめり込んだ筋トレのおかげだ。今はランニング一本でたいした筋トレはしていないが、マシンがあればまたあの華麗な過去が戻ってくるかなぁ、と時々夢見ている。

中年以降の女性の体の変化について 老化から輝化へシフトチェンジ

はじめまして。今回はゆらぎ期を迎えている年齢層である40代からの健康について考えたいと思います。鍛神HMBは市販の店舗で購入可能?

10~20代はあまり考えていませんでしたが、30代になった頃から、自分のちょっとした変化に敏感になってきました。それはまず、見た目。肌のくすみ、たるみ、しわ、髪のボリュウーム、体重増加、白髪など。体力の衰え、ありませんか?前は徹夜できたのに、もうできないとか。ありますよね。疲れが取れず、なかなか休めないなど。数えたらきりがありませんが、必ずこの中のどれかはヒットするかと思います。ぜひ30代から40代にかけて、自分の体に意識をむけてほしいと思います。

表面の美容だけでなく、内面である心もそうですし、体そのもの。見えないところに、どれだけ愛情とお金と時間をかけてあげられるか?私たちの体の組織はタンパク質でできています。もし無理なダイエットをしてしまうと、体が必要としている栄養が循環できず、臓器や組織に十分な栄養がいきわたりません。

指先足先の末端まで、きちんと栄養が届くように、しっかりとした体つくりを行う必要があります。ただし、この中年という年齢層は自分だけでなく、家族への時間を使い、自分は犠牲になるということが多いのが実情です。だからこそ、こまめにできるときにちょっとした運動や、栄養も摂取する必要があります。

たとえば食事について。最近はスムージーなどの液体だったり、炭水化物をぬくということが流行っていました。しかし、たくさんの栄養があるのなら、それを体は求めているということをしっかり知る必要があります。欠けていい栄養はないということです。そして、運動です。改めてジムに行くというのは敷居が高い方もいるでしょう。その場合はながら運動のちょこっとトレーニングが良いかと思います。歩いて通勤や、階段を使って歩くなど。足を使うことです。定期的にジムで体力をつくるのも良いことです。いろんな器具にふれ、どこに利くようにトレーニングするものかを知ることです。

最後は美容です。化粧水はケチらないでください。できればたくさんあたえてください。しっかり保水することで、肌の輝きも変わってきます。毎日こつこつできることが、一番大切なのです。