レット・イット・ビー

恋に憧れていました。モテる為なら何でもしました。まず、髪型を変えました。黒髪ロングが男受けすると聞いたからです。ピンク色のショートヘアーだったわたしは、一年程かけて、肩まで髪を伸ばして黒く染めました。

http://noveinicijative.org/

わたしは、恋と引き換えに、自分を失いました。次に、ダイエットしました。スタイルの良いひとが好きと誰かが言っていたからです。食事を減らして運動するだけではそれほど華奢な体型にならなかったので、食べる度に喉に手を突っ込んで吐き、それ以外の時間はひたすら動き回るようになりました。それで痩せたわたしは昔よりは男性からお声が掛かるようになりました。わたしは、恋と引き換えに、健康を失いました。

最後に、お化粧品を揃えました。お金が無かったので、夜の街でアルバイトもしました。その時は異様に口説かれました。遊ぶのにちょうどいい女として。恋と引き換えに、わたしは心を失いました。最終的には何も残りませんでした。わたしは空っぽになったのです。良い具合に、ふさわしい恋人が出来ました。わたしと同じように何も持っていない男性でした。彼は、地位も名誉もお金も健康も、すべてを引き換えにしてでも他人の愛情を求めている、空っぽの肉体だけを所持していました。似た者同士なのです。わたし達は、お互いに与え合う事を知らず、奪い合ってばかりだったので、すぐにお別れしました。

風の噂によると、彼は今入院中だそうです。昔はスゴイ奴だったと共通の知人が呟いていたのが妙に頭に残っています。さて、わたしはどうなるのでしょうか。わたしは今の自分が嫌いです。少なくとも、昔はもうちょっと良い奴だったと思います。恋に憧れた時、わたしは既に、歪んでいたのでしょう。自分に湧き上がる欲望が怖くて仕方ありません。そんな自分をわたしは愛せません。

自分を愛せない人間に他人を愛する事は出来ません。恋は、心でするものだからです。ありのままで居られた頃に帰ろう。わたしは、ふと、気づきました。作った自分を好きになってもらうのは偽物の恋だったと。本当の自分を愛して欲しいと。わたしは夜のアルバイトを辞めた後、空いた時間に失恋の歌を口ずさみながらこっそり泣きました。そして、顔を上げ、こう決めたのです。ありのままの自分に帰ろう。

最近、男性と女性の恋愛観について気になっています。

私は最近気になっていることがあります。
それは、男性と女性で恋愛観って違うのかな、というところです。
特に感じていることが、男性と女性で一人の時間が欲しいというのはどのくらいの時間なんだろう、ということです。

シングルマザーはバツイチ向けの婚活サービスで出会いを探しましょう!

私は女性ですが、結構一人の時間というものを大事にしたいタイプの人間です。
なので、どちらかというと男性よりというか、一人になりたいというほうが多いのであまりたくさんべたべたしているということが苦手です。
しかし、女性の中には常に一緒にいたいという人もいると思います。

そういう人はどういう気持ちで恋愛をしているのかなと思いながら毎日過ごしています。
最近では私は結構いろいろなところに出かけることが多いですが、そういう時も常に一緒にいるというよりも、一人でいたいという気持ちがある時があるので平気で一人で出かけたりします。

なので、恋愛をしていてもやっぱり一人になる時間って大事なんじゃないかなと思っています。
男性はどう思っているのか、私は男性ではありませんのでどういう気持ちなのかわかりません。

しかしながら、やっぱりべたべたばかりではいろいろと支障が出てくるのではないのかなと思っています。
その理由は、恋愛はつかず離れずが一番いいと思っているからです。

私の遠距離恋愛体験談

 当時20代後半の頃、結婚願望がとても強い時期がありました。出会いもなく、ある日に親戚の同級生から紹介の依頼が有り自分の写真を渡しました。

http://andersonranchalumni.org/

約1週間が過ぎたとき親戚から連絡が有り、会う事が決まった。彼女は偶然実家が自分の実家の近くで帰省で帰ってくることになりました。お互い連絡を交わし、彼女は帰っていきました。

その翌日に連絡が有り、遠距離恋愛がスタートしました。自分は山口、彼女は横浜で会おうというのも、なかなか難しく電話やLineで連絡していました。知り合って1っか月後に岡山県の倉敷で会う事を約束し、当日に会う事になりました。お互い興奮と緊張しながら会話が弾み、ここから本当の交際スタートです。

2泊3日の倉敷デートも終わり、それから毎日2~3時間電話をしました。3か月に1度会う事を、お互い約束し3か月ごとに会う事になりました。交際開始から約半年後、

私は彼女の魅力にどんどん魅かれていき結婚を考える様になり、プロポーズすることを決意しました。今度は広島空港で待ち合わせデートに行きそこで、プロポーズしました。結婚の承諾が得られ、ホッとしました。

デートの中、今度はお互いの将来の事で話が盛り上がり、今回のデートが終わりました。帰って数日後、私の地元にいつ戻ってきてくれるか聞くと1か月待って欲しいと言われ待つことにしました。1か月後連絡が有り帰ってくる日時が決まった。

彼女が帰って数か月はお互いの実家でっ生活し毎日会い、数か月たったある日にお互いの両親に挨拶することになりました。その後すぐ婚姻届けを提出し、新婚生活がスタートしました。
現在、結婚生活20年ですが仲良く暮らしています。