口臭の原因のほとんどは口腔内にあり。

口臭の原因で胃があれている、昨日食べたものが影響していると考える人も、多くいるようですが、大体の原因は、おおむね口の中にあります。唾液が出にくい人、歯並びが悪く、歯垢がたまりやすい人、舌に白っぽい人などは口臭が強い原因を対策していないと考えても良いと思います。イニオの効果

口腔内は乾燥すると、とてつもない異臭を放ちます。鼻がつまって口で呼吸をする人は、口の中が乾燥する傾向にあるので、鼻の通りをよくするために耳鼻科などに行くことをまずお勧めします。原因と不特定なので、一つずつ解決していくことが大切です。

唾液が出ない人は、舌を軽く噛んだり、舌を左右の頬にあてたり、口をすぼめたり、膨らましたりを、一日に数回行って、積極的に唾液が出るようにしましょう。

次に歯並びが悪い人ですが、意外と歯をしっかりと磨けていない人が多いです。そのような方は、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスなどを利用して、歯の隅々の歯垢を掻き出すケアを行いましょう。ポイントは歯と一緒に歯茎も磨くっと意識することです。歯茎のポケットにも歯垢が多くたまるので、歯と歯茎の間の歯垢をしっかりと取り除くことが大切です。

舌が白っぽい人は、舌苔という舌に苔がついてる状態です。舌をきれいにする専用のブラシを売っていますので、使用して、清潔を保つことが大切です。一気に落としてしまうと、舌を傷つけてしまい、かえって逆効果になることもありますので、こまめにケアすることが大切です。