ムダな努力よりも清潔感

 私は30代後半の男性です。髪の毛が気になりだしたのが、20代後半に差し掛かったくらいで、一般的には若ハゲの部類に入るかと思います。

 これは私が30代前半に差し掛かった頃の話です。当時の私は多分に漏れずハゲたくなかったので、効果があると言われている育毛剤を使用していました。加えて、ハゲが目立たないと自分では思っていた髪型にしていました。

ニューモ育毛剤は評判が悪い?!真の効果

 しかし、残念ながらその努力の甲斐なくハゲは進行していきました。その結果、自分でもわかる位に不自然な髪型にもなっていましたし、水に濡れることや強風などで髪が乱れることに過敏になっていました。このような状態であったので、遊んでいるときでさえ髪の事が気になって心から楽しめていませんでした。自分では「もうこんな生活いやだ!」と思うくらいストレスが溜まっていました。

 そこで、意を決して、妻に「今の私はどう見えていて、どう思うか」聞いてみました。その答えが「ハゲたわ~、とは思っているけど、それ以上でもそれ以下でもない、別にあんたはイケメンでもなんでもないんだから、髪があろうがなかろうが、誤差の範囲だ」と言われました。今思えばかなり辛辣な意見ですが、当時の私には長年の重荷が肩から降りた気がしました。思い立ったが吉日で、その日のうちにバリカンを購入し、思い切って坊主にしました。

 するとどうでしょう、周りの女性陣からは、「清潔感があっていい」「前よりもすっきりしていていい」という好意的な意見ばっかりで、今までのムダな努力は何だったのかと言えるほど世界が明るくなりました。永遠のテーマではありますが、この時こそ女性が重要視しているのは何よりも「清潔感」であるのだと実感しました。

 以上の事から私が得た答えは、ハゲを隠そうと姑息な努力をするよりも、ありのままを受け入れ「清潔感」を追求したほうが良いということです。