本気ダイエットに必要なのは「絶対的目標」である!

「痩せたい」「痩せない」ダイエットはその繰り返し。では、「痩せたい理由」は何なのか。「痩せたらキレイにるだろう」「痩せたら恋人が出来るだろう」そんな事ではなかなか痩せない。

「痩せよう」と思うきっかけは何なのか。それを決して忘れずに、明確なビジョンを立てれば、人は大概の事に耐えられる。「周囲の冷ややかな目が内心悔しくてたまらない」「あいつより絶対に美しくなる」「あの人になる」それを忘れない為に、文字に起こし目に付くところに徹底的に貼る。

極み菌活生サプリの効果を徹底検証!西野未姫さん愛用菌活サプリの私の口コミ!

誰かに気づかれるのが恥ずかしければ携帯で文字や具体的人物を目に留まるようにしてみたり、財布の中(小銭入れ部分がおススメ)やポーチの目に留まるところに目標を忍ばせる。目に留まる数は多ければ多い程なお良し。私はトイレや就寝前に小さな声で口に出したりもしました。これを「面倒くさい」と感じる人は、はなから本気のダイエットには向いていないかもしれない。ダイエットとは「面倒くさい」ものなのです。

目に付く多くの誘惑から逃れ、自分と向き合う。時に誘惑に負け脱線したとしても、全ては自分に跳ね返る。必ず元の位置、もしくはそれ以上の挽回が必要となり、目標値が高ければ、身体の変化が停滞する時期もあります。ここは挫け易い難所。本気のダイエットには心の底から立ち向かうマインドが必要不可欠。

常にその事を心に刻む。すると「この一口今日はやめておこう」「エスカレーターでは無く階段にしてみよう」となり、拡大した食欲は停滞し、運動不足が解消され体力がつき動くことに抵抗が無くなってくる。

これらは勿論2.3日では変わらないわけで、私の経験上、ダイエットの仕上げは「継続的に維持」であると感じています。そのために、絶対的目標は必要不可欠でした。