「刺激の強いもの」が使えない

私がこれに応募したのは「乾燥による肌が弱いこと」への悩みがあるからだ。
乾燥に弱く刺激に敏感である。そのため、殺菌や香料の刺激が強いものや
繊維において、よく確認をしなれけばならない。

http://mumoftheworld.com/

まず、日用品において「殺菌成分」「香料」をよく考えた上で買うことになる。
新型コロナウイルスの影響から、ドラッグストアには、消毒や殺菌作用の強い商品が
比較的多く並べられるようになった。

ただ私にはそれを買うことが出来ず、何件も
お店を回ることになる。安心できるのは「赤ちゃんの肌でも使えますよ」とか
「敏感肌用」と書かれたものだが、それがあるのは大きな品ぞろえが良い店となって
しまった。また、洋服も特に冬場は「ナイロン〇%」「綿〇%」のような繊維を見なければ
怖くて買うことが出来ないのが悩みである。

愛くても・サイズが丁度良くても
肌の感覚により変えないケースが沢山出てきてしまうし、オンラインだと試着が出来ないので
結局店舗に行き買うことになる。非効率だけれども「買ったはいいけれども痒くて着れない」の
無駄をなくすため、店舗に出向くしか方法論が無いし、1枚買うにも逐一試着をする必要がある。

そんな私だから思うのは、マイナーな人間の意見も踏まえて欲しいということである。
大多数の人とは違うタイプもいるため、それを踏まえて完全に0にするのではなく
少しは置いてあってほしいと思う。