夏になったら、紫外線対策には日傘が効果的です。

湿気が多くて大変だった、梅雨が過ぎたと思ったら、日中が蒸し暑くなってきました。
本格的な夏へと突入して、楽しいところでは海開きや、かき氷やアイスが美味しい季節になりましたね。家にいても蒸し暑いので、外に出てみようという気になります。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーの効果検証!

楽しい夏のままだったらいいのですが、一つ困ったこともこの季節では起こってしまいます。では、どうやってその暑さと紫外線を防ぐといいのでしょうか?

紫外線というと男性よりも女性のほうが気になるワードですね。なぜなら、この紫外線というものは女性のお肌にとって大敵で、紫外線に当たり続けるとお肌にシミができてしまう原因になるからです。日中の暑さに加えて紫外線も防ぐのに適しているものが「傘」です。傘とは言っても雨のときに使う雨傘ではなく、日が照っているときに使う「日傘」が効果的です。そういえば、夏の暑い日に外に出るとオシャレな日傘をさしている女性を見かけたことはあると思います。

日傘がなぜ効果的かというと、太陽と人との間に傘があることで頭や体に日差しが直接当たらなくなるため、まず、日中の暑さを軽減してくれますし、UVカット加工がされている最近の日傘であれば、傘の色に関係なく、太陽からの紫外線を99%以上カットしてくれるそうです。UVカット加工のおかげで日傘の色の問題がほぼ関係なくなったとはいえ、知っておきたいこととしては太陽の紫外線に対して効果的な色は白と黒で、黒は紫外線を吸収し、白は紫外線を反射してくれるということです。そして、できれば、日傘の外側が白で内側が黒のものを選んでおくとなおいいとのことでした。

なぜかといえば、照り返しで紫外線は下からも反射していて、そのとき日傘の内側が白だった場合、内側でも反射されてしまい、せっかく日傘をさしているのに、体に直接紫外線が当たってしまうことになるからで、内側が黒であれば、下からの紫外線を黒が吸収して、直接体に紫外線が当たってしまうのを防ぐことになり、効果的だという理由から外は白、内側は黒のカラーの日傘なら、より安心です。

日傘にはUVカット加工がされていますが、UVカット加工というものは寿命があって、持って2年から3年くらいだろうということです。日傘だけをということではないですが、色のことも気にかけておけば、日傘を選ぶときにも役立ってくれることと思います。